FC2ブログ

コンサート一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の伝統芸能「能」と世界的打楽器奏者による共演
                                コスモロジー
OTODAMA/KOTODAMA ~音とコトバの宇宙論~
                  ‐花を奉る(石牟礼道子)‐


様々な打楽器によって繰り出される音楽と、能で発せられる言葉に宿る力(音霊、言霊)を
ふたつの異なるジャンルの融合により表現されるステージでお楽しみください。



日時:2013年5月18日(土) 開演14:00(開場13:30)
   
会場:相馬市総合福祉センター(はまなす館) 多目的ホール

出演:加藤 訓子(パーカッショニスト)
   中所 宜夫(観世流能楽師)

演奏予定曲目:J.S.バッハ/マタイ受難曲より「コラール」
       ヤニス・クセナキス/ルボン
       武満徹/ムナーリ・バイ・ムナーリ
       ハイウェル・デイヴィス/パール・グラウンド
       石牟礼道子 作/花を奉る ほか
       ※曲目・曲順は都合により変更となる場合がありますので、予めご了承ください。
            
チケット:全席自由500円、中学生以下無料(要整理券)
     ※未就学児の入場はご遠慮ください。
     ※本公演は弊財団の助成により、低料金に設定しています。

チケット取扱い:相馬市教育委員会生涯学習課

チケット予約・お問合せ:そうま音楽夢工房事務局(相馬市教育委員会生涯学習課)
            TEL.0244-37-2187
            MAIL.ongaku@city.soma.fukushima.jp
            ※電話、メールでのチケット予約が可能です。

主催:相馬市教育委員会、(公財)三井住友海上文化財団
後援:福島県
企画協力:(有)ホソヤ アーティスト ネットワーク
機材協力:パール楽器製造株式会社・アダムス社

相馬チラシ表

相馬チラシ裏


出演者からのメッセージ
※チラシの裏面にてご紹介しているメッセージです。

加藤訓子より
 私の所に相馬市からコンサートの依頼が届きました。私に何が出来るのか、不安に思いつつも、これもご縁と思い、お受けすることにいたしました。
 丁度今年の初め、5年越しでようやく実現した能楽師の中所宜夫さんとの新しい舞台が誕生しました。二人の創作、大地創造の物語とも言える「音とコトバの宇宙論」、そして3.11後世界に向けられたメッセージとして石牟礼道子さんの「花を奉る」(石牟礼さんは故郷でおきた水俣病の問題を今もなお世に問い続けています)、この二つの力強い作品に支えられ素晴らしい舞台となり、これを是非相馬市の皆さんに観ていただきたいと強く思いました。
 私たちは大きな自然の中で生かされています。その中で人間は知恵を使いながらも、それぞれに与えられた場で生きてゆくことを選択せねばなりません。今日を生きる私たち誰もに公平に与えられているのは明日という未知なるもの。今日を精一杯生きるために、そして明日を生きる世界人類のために演奏します。

中所宜夫より
 この度、加藤さんと二人で作った舞台を、相馬にお届け出来ることとなり、大変嬉しく思います。この作品は、言葉と音楽の根源を問い直し、世界の新しいありようを模索する私たちに、ひとつのヒントを与えてくれるものだと思います。政治や経済だけが世界を動かすのではありません。この日この地で興ったひとつの波動が、時空を越えて共鳴を起し、多くの人々の生きる力となってくれることを、心より願っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンサートカレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コンサート一覧

検索

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。